CHEVROLET シボレー GM Tシャツ 長袖Tシャツ

コルベット.jpg

アメリカの自動車メーカーゼネラルモータース(GM)の持つブランド「シボレー」のTシャツを紹介したいと思います。

季節を問わずそしてシチュエーションも問わず着れますので、1年を通して最も着る機会のあるアイテムかと思います。
なので何枚あっても困らないのがTシャツじゃないでしょうか?

とはいえ世界でなんか見たら星の数ほどTシャツをを販売しているメーカーはあると思いますが、自動車ファンそしてシボレーファンの皆さんの中にはカッコイイ自動車関連のTシャツをお探しの方はたくさんいるのではないかと思います。

自動車関連そしてモータースポーツ関連のものはリアル店舗ではなかなか選ぶ程は在庫が無いというのが実情かと思います。
今回はカッコイイTシャツを多数紹介していますので、イイネ!といってもらえるものもきっとあるはずです。



【シボレー・オフィシャルTシャツ】コルベット(ドミネイト)



【シボレー・オフィシャルTシャツ】コルベット(USA)



【シボレー・オフィシャルTシャツ】コルベット(シルバースティングレー)



【シボレー・オフィシャルTシャツ】コルベット(スピードショップ)



【シボレー・オフィシャルTシャツ】コルベット(1959)



【シボレー/CHEVROLET】大人・メンズ Tシャツ『CHEVROLET CAMARO/2XLサイズ (杢NV)』車・海外企業



1枚ならメール便対応 2枚以上で宅配便対応Tシャツ / メンズ GENERAL MOTORS Chevrolet ジェネラルモータース Tシャツ / US Sサイズ / GM / シボレー /



ユニセックス プリント Tシャツ Chevrolet【 シボレー '69 V8 グレー S・ M・L・XL】



【シボレー/CHEVROLET】Tシャツ 『CHEVROLET ESTD 1911(NV)』 シェビー・車・海外企業・アメリカン雑貨



【シボレー/CHEVROLET】Tシャツ 『CHEVY 427 70.(エンジ)』 シェビー・車・海外企業・アメリカン雑貨



RETRO BRAND T-SHIRTS [CHEVROLET CAMARO 69] / レトロブランド プリントT シャツ



Trau&Loevner CHEVROLET T-シャツ




ここからは長袖Tシャツです

東洋エンタープライズ IK63448 長袖Tシャツ L/S TEE SHIRT CHEVROLET【メール便対応】



東洋エンタープライズ 長袖 Tシャツ「CHEVROLET」 【メール便OK】



Chevrolet シボレー コルベット ロンTee Tシャツ サイズ M 本 140609 【あす楽対応_関東】【あす楽対応_甲信越】【あす楽対応_北陸】【あす楽対応_東海】【あす楽対応_近畿】【中古】


ここからはAmazonです



GM ChevroletシボレーロゴグラフィックTシャツ – ブラック – XL



リアルツリーメンズブラックCamoトリムChevroletロゴ長袖シャツ US サイズ: M カラー: ブラック





楽天での買い物にはこのカードがあるとお得です
この機会に一緒にご検討ください




他にもたくさん自動車関連の魅力的なアイテムを紹介しています





ゼネラルモータースといえばかつては世界販売の1~3位を独占していた事から、ビッグ3と呼ばれるようになったわけですがその一角となるのがGMだったりします。
今では日本のトヨタやVWにその座を奪われてしまいましたがね。

GMの歴史は古く1903年に設立された100年を超える企業です。
がご存知の通り1度は破産法を受け入れ倒産そして国有化され再生の道を歩み2013年再び国有化が解消され新たにスタートをきった激動の歴史を歩んでいます。

流石にアメリカ政府もビッグ3の窮地を座してみているわけにもいかず国有化して、自動車大国復活に大きく貢献したと言ってもいいでしょう。 自動車は部品点数も多くすそ野の広い産業ですからアメリカの経済界に与える影響というのは計り知れないですから嫌でも助け舟を出すというものです。

アメリカ経済はその後好調をキープし続けている事もあり、販売も好調で復活の下支えとなっています。
しかしこれから先に来るのは現在とは違う自動車の形になります。
電気自動車になるかどうかは分かりませんが、少なくとも電化するのは間違いのない事実であります。

充電したバッテリーで走るのか。ガソリンエンジンで発電した電気で走るのか。はたまたトヨタの様に水素を電気変換して走るのか。 本当の意味でのエコとは?そしてコスト・ユーザーの使い勝手等これから問題点が1つ1つ提議されより良いものが選ばれる事になるのでしょう。
でも最終的なものはこの中にはないのかもしれませんね。少なくともガソリンエンジンの様に長い歴史を刻むものになるのか?というのは疑問に思います。

さてGMはこの先にどういった道を歩もうとしているのでしょうか? 電気自動車への対応はしているようですがそれだけで覇権が取れる準備となるかはちょっと厳しいように思えます。

世界にはたくさんの自動車メーカーがありますが実際にはすでにいくつかのグループによる覇権争いへとシフトしています。それだけ厳しい争いが続くという事なのでGMもどうするのか?問題は1つ解決してもまた新たに湧いてくるというのが状況なのかなと思います。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
ブログ王ランキングに参加中!