レッドブルレーシング RedBull F1 キーホルダー・キーリング

レッドブル.jpg


モータースポーツの最高峰F1で活躍する「レッドブルレーシング」のキーホルダー・キーリングの紹介です。

形は変わっても自動車には鍵が無いと乗れないのは変わりませんね。 完全自動運転車なるものが登場すれば必要なくなるのでしょうが、自分で運転する必要がある時まではあり続けるのでしょう。
リモコンキーの登場によりデザイン性もよくはなってきてはいますが、これだけではちょっと味気なかったりします。

それにみなさんは自動車に限らず家や会社で使用されているロッカーなどでも鍵を複数お持ちの方の方が多いのではないでしょうか?
防犯性の高くないものが多い事もあり小さく簡素なものが使われていることが多いかと思います。

こうした小さい鍵や現代のリモコンキーは手に収まる程で小型軽量なものが多いので、紛失や忘れてしまうなどのリスクが付きまとう事もあると思います。
こうした事を避ける為にも1つにまとめられる「キーホルダー・キーリング」をお使いの方は多いのではないでしょうか?

安価なものから革製の高級品までいろいろとあると思いますが、自動車ファンやF1ファンの皆さんは自動車関連でお探しの方も多くいらっしゃるかと思います。
そんな方には今回紹介している「レッドブルレーシング」のキーホルダー・キーリングをお勧めします!

F1で圧倒的な存在感をもち席巻したチームですから、皆さんも記憶に新しいところでしょう。
印象に残るカラーリングはこうしたアイテムにも受け継いでいますので、存在感のある「レッドブルレーシング」のキーホルダー・キーリングで他の人に個性で差を付けちゃいましょう!


楽天です


レッドブル レーシング F1チーム ストラップ keyring 2017 NV 【ネコポス対応】【宅急便コンパクト対応】



レッドブル×スリースタイルのアクリルキーリング ■ アメリカ雑貨 アメリカン雑貨



【送料無料】【レッドブル レーシング 2016  シリコン ロゴ キーリング】 b01erpfzks



レッドブルレーシング F1カーメタルキーリング【ネコポス対応】【宅急便コンパクト対応】


ここからはAmazonです


レッドブル レーシング 2017 メタル キーリング



(レッドブル) RedBull レーシング F1チーム ストラップ keyring 2017 NV





配送の特典や映画やTV番組も見放題など魅力的なAmazonプライムもこの機会にご検討ください




他にもたくさん自動車関連の魅力的なアイテムを紹介しています




レッドブルレーシングはF1に2005年からジャガーを買収し本格参戦がスタートしました。
参戦後すぐに活躍とはいきませんでしたが、着々と戦力を整えついに2009年シーズンにセバスチャン・ベッテルをドライバーとして迎えた所から大躍進が始まりました。

セバスチャン・ベッテルとマーク・ウェバーの強力ドライバーコンビで2012年シーズンまで輝かしい栄光を手中に収めました。
名実共にトップチームの一角とまで上り詰めましたが、そう上手くは続かないのものでそれ以降は一時の強いレッドブルに戻ることは出来ていません。

参戦し続けていても好成績を収め続ける事が困難なのがF1ですね。
フェラーリも長い低迷期間があってシューマッハーにより復権しましたが、やはりシーズンにより波があります。

なのでホンダが復帰してそうやすやすとトップと渡り合えるはずもないというのが普通なんですよね。
レッドブル同様にホンダは過去の栄光があまりにも輝かしいものであったがために、期待が過剰に膨らみすぎたというところもあります。

ホンダならと期待しすぎた部分はありますよね。 あの当時ならば可能だったのでしょうが今のF1はあまりにもPUと呼ばれるほど別物になり過ぎていました。
準備期間や猶予がないと難しかったという事です。

過去の栄光の同じタッグパートナーだというのも悪い方にしか作用しなかった要因の1つにも感じます。
トップチームの一角が長期にわたり不振では運営に関わるので待てませんからね。
中位グループでスタートというのが本当は良かったのでしょうが、ホンダとしてもそれは選択肢にもなかったのでしょう。

さてこれからのF1については先行きが不安視されるなど大荒れが予想されなどしています。
フェラーリが撤退をちらつかせるなどなにやらキナ臭い火種を抱えています。 
今後どうなるか分かりませんがF1が良い方向にいってくれればいいなと思っています。

この記事へのコメント


人気ブログランキングへ

にほんブログ村
ブログ王ランキングに参加中!