トヨタの若者のクルマ離れの解決策はスタードライバーにあり?

月夜.jpg


若い世代の自動車離れが叫ばれていますが、これぞという解決策がないまま時だけが過ぎています。
国内自動車メーカはそれぞれの魅力を生かした訴求をしていますが、トヨタは「ガズーレーシング(GR)」にレース部門を集約して自動車を運転する楽しさというのを若者世代に向けて訴えています。

世界で行われているモータースポーツの日本中からの関心の低さには日本人ドライバー不在が要因の1つに挙げられています。
当然ながら複数あるうちの1つでしかないのですが・・・・・・。

F1が日本で大きな人気を得ていた頃から多くの日本人ドライバー達が世界に挑戦をしてきました。
「中島悟・鈴木亜久里・片山右京・・・・・」今でも日本のモータースポーツに深く関わり大きく貢献してくれている元ドライバー達。

それぞれに個性も強く未だに人気が高いですよね。 自動車のコアファンじゃなくても聞いた事があったり顔を見れば分かるよって方は多いかと思います。
こうしたスター性をもつドライバー達を育て世界に挑戦する事で、自動車の走る楽しさなどと共に伝えていこうという取り組みになるそうです。

F1からは撤退していますが昨年からラリーの最高峰「WRC」に参戦しましたし、ルマンや国内の主要なレースにもトヨタは参戦していますので世界の最高峰のレースを頂点にピラミッドを構成しその中のレースを段階を踏んで育てるというまぁメジャーの育成システムのような環境となっているわけです。



ただ野球などと違い一番下のクラスが「カート」遊園地にあるゴーカートのレース仕様みたいに考えてもらえればサイズ的にはお分かりかなと。
カートと言っても簡素な自動車ですから気軽には始められないのが現実ですね。 どうしても敷居が高いですから分厚いピラミッドとはなりえないのですがね。

どうしても育ちづらいのが現状ではあるので、有能なドライバー候補は各メーカーが専属として育てるというのが現状です。
ドラフトはないですがスカウトのような形で見出されるようです。

こうしたシステムは昨日今日始まったわけではないのですが、トヨタは「GR」通してモータースポーツから発信しようというのが試みのようです。
現社長も自らドライブしてレースに出るなど、走る楽しさをアピールしていますのでより具体的に明確化するよって事なのではないかと思います。

ただ労働者の非正規労働者の割合は今後も減ることは無いですから、収入も大きく増えるという事はないです。
にもかかわらず軽自動車でも200万円を超えるものが普通にある今、年収に匹敵するのが軽自動車ともなるとどう興味をもてばいいのかと思ってしまいます。

3年で正規雇用へなんて言ってますが、どうもそれも100%確約ではなくまたもやざる法である事が分かってきています。 3年後も見えないような今いくらクルマに使えるのかっていうのが現実ではないでしょうか?

それに興味持つ対象も増えていますし、自動車だけにお金を使えるという時代ではないと思うのです。
だから本当の意味で解決するには、雇用や将来不安が無いなど根本からになるので難しく遠い道のりになる事でしょう。 出来たとしても趣味の対象は自動車だけではないのでどこまで解決できるかですが・・・・。

使いたいという需要自体は減っていないわけですので、そのあたりに対してのアプローチを自動車メーカーの方が変える必要があるのではないでしょうか?
とことん簡素化した低価格路線の自動車であったり、各メーカー系のディーラーでのカーシェアリングとの同時運営なども面白いんじゃないかと思います。

自動車に対する価値観はそれぞれで自動車以上の価値を見いだす人もいれば、単なる移動手段の1つの方もいます。どちらかと言えば今は後者の方が多いように思うので、運転する楽しさをごり押ししてもあまり効果は出ないのでは?と思います・・・・。




オススメの記事もよかったら覗いてください

この記事へのコメント


人気ブログランキングへ

にほんブログ村
ブログ王ランキングに参加中!